忍者ブログ
ファイティングファンタジーゲームブック日本未訳作品の翻訳活動
[125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年2017年はファイティングファンタジーシリーズが発表されて35周年となります。21世紀になってから、これまでFFは節目の年に新しい大きな動きを見せたり「記念作品」を発表してきました。

・2002年(20周年)
アイコンブックス社より「ウィザードブックス」のブランド名でシリーズ再刊。

・2007年(25周年)
火吹山の魔法使い25周年バージョン及び新作「狼男の雄叫び」(ジョナサン・グリーン著)刊行。

・2012年(30周年)
新作「ゾンビの血」(イアン・リビングストン著)刊行

そして35周年の今年はどのような動きがあったのでしょうか?
まず第1に、再び新しい出版社に版元を変えてシリーズが再刊された事です。今度の出版社はスコラスティック(Scholastic)社といい、表紙及び本文イラストも新たなイラストレーターによって書き下ろされ、まずは6冊が今年7月末から8月にかけて発売となりました。
第2は、このスコラスティック社へ移籍して発売される6冊の中に1冊の完全新作が含まれている事です。シリーズ最新作、何と言ってもやはりこれこそ最大の目玉ではないでしょうか。「ゾンビの血」の時と違って特にそのようなふれこみはされていませんが、この新作こそ事実上の「35周年記念作品」と言っても過言ではありません。その新作の著者はFF創業者コンビの片割れであるイアン・リビングストン氏で、節目の年に再び彼は帰って来たのです。

事実上のシリーズ35周年記念作品

「危難の港」
原題「The Port of Peril」
著者 イアン・リビングストン
本文挿絵 ヴラド・クリザン
表紙 ロバート・ボール
地図イラスト レオ・ハータス

題名になっている「危難の港」とは盗賊達の巣窟である危険な都市ポートブラックサンドを意味します。「ブラックサンドに気を付けろ!」FFゲームブックとその関連作品で時折登場するセリフですが、それだけファイティングファンタジーの作品世界(「世界観」にあらず!)においてポートブラックサンドという都市は「剣と魔法の危険な世界を冒険する」という主題と設定を最も象徴する舞台だからでしょう。そして勘の良い方は察しがつくでしょうが、本作「危難の港」はまさに1983年に刊行されたシリーズ第5弾「盗賊都市 City of Thieves」の34年ぶりの続編となっているのです。
では肝心の「危難の港」の内容はいかなるものなのでしょうか?
(続く)
PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
アクセス解析
忍者ブログ [PR]